Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://urlog.blog24.fc2.com/tb.php/53-85221516

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ノーベル賞週間始まる

asahi.com 茨城版(2005/10/03)より
つくばに候補者複数 ノーベル3賞発表

本日より3日:医学生理学賞、4日:物理学賞、5日:化学賞、7日:平和賞、10日:経済学賞と続きます。

日本のノーベル賞と中国のノーベル賞の受賞期待について分析されたのが、
Nikkei net(2005/09/30)より
今年も中国人ノーベル賞ならず?――原因を探る

上記文章では、日本の科学技術は、「八ヶ岳」の様に多数の頂がありながらそれが連峰を形成している点が重要であることを述べている。すなわちさまざまな研究分野で世界トップクラスの研究がなされており、かつそれが広範囲かつ裾野が広いことを意味する。
一方中国では際立った才能を持つ少数の研究者が、裾野を持たずに鉛筆の様にピークを形成していることから「ペンシル型」と呼んでいる。
ノーベル賞の選考方法は、まずその年に受賞すべき分野を決めてから、候補者を絞り込んでゆく。そのため広範囲な分野をカバーする日本のような「八ヶ岳型」の方が中国の「ペンシル型」より候補に挙がりやすくなることを意味する。

で最初の記事に戻るのだが、つくばでは5人候補になりそうな人がいる。
・大学共同利用機関法人「高エネルギー加速器研究機構(KEK)」
 小林誠・素粒子原子核研究所長(61):素粒子理論
 戸塚洋二・機構長(63):高エネルギー物理学

・独立行政法人「産業技術総合研究所」
 近藤淳・特別顧問(75):極低温の電気抵抗で「近藤効果」として知られる論文を約40年前に発表
 十倉好紀・強相関電子技術研究センター長(51):固体物性
 飯島澄男・ナノカーボン研究センター長(66):新素材カーボンナノチューブを発見

さて結果は如何に?
追記(2005/10/05)
asahi.com(2005/10/04)より
「光の研究」にノーベル物理学賞 米独の3氏

1905年にアインシュタインが「光電効果の理論」、「ブラウン運動の理論」、「特殊相対性理論」の論文を発表してから節目の100年目ということで、今年は世界物理年になっていますが、光(レーザ)の学問に多大な影響を与えたアインシュタインに敬意を表してか、受賞対象分野はレーザ及び光量子に関する分野。

ロイ・グラウバー教授(80)(米ハーバード大):レーザー光の量子理論の構築
ジョン・ホール上席研究員(71)(米国立標準技術研究所):レーザー光を使った精密分光技術の開発
テオドール・ヘンシュ教授(63)(独マックスプランク量子光学研究所):レーザー光を使った精密分光技術の開発

スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://urlog.blog24.fc2.com/tb.php/53-85221516

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

似非物理屋さん

Author:似非物理屋さん
専門は理論物理。
しかし理論物理の経験は仕事ではあまり生かされずに、今は似非物理屋として生息中。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来訪者数

無料ホームページ ブログ(blog)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。