Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://urlog.blog24.fc2.com/tb.php/101-dff3c7df

-件のトラックバック

[T41] カーボンナノホーンについて

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T42] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T43] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T44] カーボンナノホーンについて

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T45] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T46] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T48]

カーボンナノチューブカーボンナノチューブ(Carbon nanotube、略称CNT)は、炭素によって作られる六員環ネットワーク(グラフェンシート)が単層あるいは多層の同軸管状になった物質。炭素の同素体で、フラーレンの一種に分類されることもある。単層のものをシングルウォー

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

カーボンナノホーンに新たな利用方法

フジサンケイビジネスアイ(2005/11/10)より
抗がん剤で「徐放性」確認 NEC、カーボンナノホーンに

カーボンナノホーンやチューブ内部に物質を蓄えたり、放出する機能があることが分かった。またナノホーンの網目よりも大きい塊は、ナノホーンの網目より少しずつ溶けて、一日から二日で分子が外に出ることを確認したとの事。

カーボンナノチューブの応用例としては、燃料電池の水素吸蔵材料、FEDの放電部分(カーボンナノホーンの先が尖った部分を利用)、はたまた材料に混ぜて材用の強度アップ(車のバンパー等)など利用が期待されています。未知の材料であることから今後はその利用法の拡大が重要ですが、医学分野での利用という新たな使い道が増えて、ますます今後が楽しみな材料です。

現在買う場合かなり高価(1グラム数万円!)ですので、後は値段が落ちてくれば、もっと利用方法が広がるかもしれません。

参考:NEDO
よくわかる!技術解説 - カーボンナノチューブ 技術解説
スポンサーサイト

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://urlog.blog24.fc2.com/tb.php/101-dff3c7df

7件のトラックバック

[T41] カーボンナノホーンについて

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T42] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T43] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T44] カーボンナノホーンについて

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T45] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T46] カーボンナノホーンとは

カーボンナノホーンカーボンナノホーン(Carbon nanohorn)とは、カーボンナノチューブの一種で、先端を尖らせたものを指す。特徴としてはウニのような球形の集合体として合成される。燃料電池の電極材料やガス吸蔵材として実用化に最も近いナノカーボンとして注目されてい

[T48]

カーボンナノチューブカーボンナノチューブ(Carbon nanotube、略称CNT)は、炭素によって作られる六員環ネットワーク(グラフェンシート)が単層あるいは多層の同軸管状になった物質。炭素の同素体で、フラーレンの一種に分類されることもある。単層のものをシングルウォー

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

似非物理屋さん

Author:似非物理屋さん
専門は理論物理。
しかし理論物理の経験は仕事ではあまり生かされずに、今は似非物理屋として生息中。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

来訪者数

無料ホームページ ブログ(blog)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。